SoftbankでSIMフリーHTC Desireと最近のAndroid HTC Sense系 ROM(含備忘録)

海外で購入したHTC DesireにいろんなROMを焼いてしばらくこの話題から遠ざかっていました。気がつくとSoftbankからたくさんのAndroid端末が発売されており、その間に andglobal.softbank.ne.jp なる新しいAPNも設定されていました。

Softbankでの契約内容と使用可能なAPNの組み合わせについて 2ch でまとめられていたものを備忘録としてここにコピーしておきます。

 

◆パケットし放題S(3G) 

mailwebservice.softbank.ne.jp → ウェブ 

のみの接続であれば上限4,410円で定額 

open.softbank.ne.jp → PCダイレクト 

smile.world → PCダイレクト 

は上限が9,800円。 

andglobal.softbank.ne.jp → スマートフォン通信 

は青天井(未確認) 

 

◆パケットし放題フラット(iPhone、3G) 

ウェブ PCダイレクト分のみ定額になる。黒simフラット契約、銀simガラケー共に 

open.softbank.ne.jp → PCダイレクト 

smile.world → PCダイレクト 

mailwebservice.softbank.ne.jp → ウェブは定額範囲だったが、 

andglobal.softbank.ne.jp → スマートフォン通信 

に設定すると定額外で別枠だった。パケ死する恐れあり。 

Desireだとフラット契約を適用できたが、DHDでパケットし放題フラットを適用できなかったのも、 

APNとプランの設定で範囲で、初期DHD内でのAPNがandglobalな為、定額外扱いだからだと思われる。 

 

◆パケットし放題S forスマートフォン 

◆パケットし放題MAX forスマートフォン(受付終了) 

現時点(2011/5/10)では、銀Simでも緑Simでも 

mailwebservice.softbank.ne.jp → ウェブ(ガラケー扱い) 

open.softbank.ne.jp → PCダイレクト 

andglobal.softbank.ne.jp → スマートフォン通信 

smile.world → PCダイレクト 

のどれも定額内。 

(緑sim用の機種ならandglobal、銀sim用の機種Xシリーズならopenに接続されるが、契約はどちらでも同じ。) 

 

◆パケットし放題フラット forスマートフォン(2011/05/01より) 

・SoftBankスマートフォン(Xシリーズの場合、最新の販売履歴がXシリーズであること)のみ、お申し込みいただけます。 

・国内でご利用のS!メール[MMS]送信・読出料、ウェブ・PCサイトブラウザ(PCメールを含む)・PCサイトダイレクト(Xシリーズ専用)通信料が定額の対象となります。 

スマホ用プランでパケットし放題MAX/Sと同様となので 

mailwebservice.softbank.ne.jp → ウェブ(ガラケー扱い) 

open.softbank.ne.jp → PCダイレクト 

andglobal.softbank.ne.jp → スマートフォン通信 

smile.world → PCダイレクト 

のどれも定額内と思われる。 

 

あと、私自身がひっかかった非常に重要な落とし穴として最近のHTC DesireのROMにははじめからSoftbankのAPN設定が含まれていますが、中に andglobal な設定しかないROMがあり、こういったROMを焼いてAndroidが起動、アカウントでサインインすると、以前のバックアップとアプリのダウンロードをすべくネットに自動的に接続に行きます。この間有無を言わさず通信が始まりますからどこのAPNに接続しているか未確認の状態では非常に危険です。

/system/etc/apns-conf.xmlの内容を十分確認するか、SIMを抜いた状態で初期設定を行うなど気を使う必要があります。

皆様もご注意ください。

Android 2.2 FroyoでSoftbank MMS対応する方法(Mms.apk)

Mms.apk.froyo.jakeMod5に更新しました。(2010/8/2)

Mms.apk.froyo.htc.jakeModExperimental4 アップしました。(2010/8/6)

Android 2.1 (Eclair)をお使いの場合はこちら

Android 2.2のソースコードがいよいよ公開されたということで、Softbank MMS対応すべくさっそく AOSP(Android Open Sourcee Project)からFroyoのソースを取得してビルドしてみました。

ソースコードを概観したところの感想は次のようなものです。

  • Softbank MMSの問題を引き起こしていた部分は、EclairでのAOSPの有志の方のコミットにもかかわらず反映されていないようでした。
  • 特にFrameworks.jarに含まれる Pdu関連のソースは手つかずのままFroyoに持ち越されている様子。
  • Mms.apkについては、いろいろ手が加わっており、Eclairでの些細なバグなど(文字化けとか)が修正されていました。
Eclairのソースで施した手当と同じことをFroyoに施してコンパイルしなおしました。チャレンジャーの皆様の役に立てばと思います。

CyanogenMod6をお使いなら

CyanogeMod 6 ROMをお使いの場合は、なにもしなくてもSoftbankでも利用可能です。当方のMms.apkと置き換えるメリットを考慮の上判断してください。

OpenDesire 3.0.x以上をお使いなら

UserAgent指定などのオプションや、SoftbankのMMSを利用するための最小限の更新が含まれています��

当方のMms.apkを利用するメリット

ROMの更新や各方面の方々の対応、Softbank本家の対応予定など、当方での仕事も役目を終えつつありますが、現時点でなおも当方のMms.apkを利用するメリットとしては次のような点になります。
  • アプリ間の連系で emailto: URL Intent を受け取れるように設定しています。
  • Eメールアドレスで送受信した場合のコンタクトのアイコンやアドレスの新規登録処理で、ちゃんと電話番号の場合と区別して処理されるようになっています。
  • HTC由来のROMをご利用の場合
    ソフトバンク本家の謹製アプリが出るまでは、当方で特別対応したものが有効だと思われます。

Mms.apk置き換え時とその後の手順

rootを取る手順や Mms.apk を置き換える手順については各方面で紹介されているのでここでは省略します。

Mms.apkファイルをインストールするとき

/system/app/Mms.apk ファイルを置き換えます。同じディレクトリに Mms.odex ファイルが存在する場合は必ず削除します。

Mms.apkファイルを置き換えて再起動後

User-Agentの設定を必ず行ってください。ソフトバンクで使用する場合はこれを行わないと始まりません。


それでもうまくいかない場合・・・
  • 「モバイルネットワーク」設定(APN設定)でMMSの設定はできていますか?
  • User-Agentの設定をいろいろ変えてもだめですか?


ダウンロード
Mms.apk.froyo.jakeMod5
  • chanogenの更新の取り込み(フォントサイズ指定など微小な修正)
Mms.apk.froyo.jakeMod4
  • AvatorのEmailアドレス対応の修正
  • 文字の大きさ設定、名前を表示しない設定の追加
  • cyanogenからの追加(言語リソースの追加)
Mms.apk.froyo.jakeMod3
  • 背景黒のオプション追加(cyanogenでの更新の反映) (2010/7/9までの分)
Mms.apk.froyo.jakeMod2
  • cyanogenでの新しい更新を含む(2010/6/30までの分)
Mms.apk.froyo.jakeMod1
  • multipart/alternative のメールが文字化けしていたのを修正。(当方のeclairのソースからのコピーミス)



 

HTC由来のROMの注意

なおHTC由来のROM(Sense UI付のもの)では上記のMms.apk では正常動作しません.
たとえば以下のようなROMは HTC 由来のものとなります。
  • LeeDrOiD
  • Oficial Froyo HTC Sense ROM
  • DJ DROID。
以下に試験的に作成したバージョンを置いておきます。

Mms.apk.froyo.htc.jakeModExperimental4
  • メッセージの送信で落ちる不具合に対処(できたか不明動作報告求む)

 

Mms.apk.froyo.htc.jakeModExperimental4 (871 kb)