Jake's BLOG

最近のIT技術動向と社会問題など・・・・

にほん語学習フラッシュカード Nihongo Japanese Language Self-Learning Flash Cards

外国人のための日本語学習をサポートするための有用なツールの開発の試みの第1弾としてフラッシュカードアプリを作ってみました。

主な機能:

音声認識機能を使って学習者が発声およびその確認ができる。

音声合成機能を使って学習者が発音を確認できる。

収容したカードのセットは

  • ひらがな50音
  • かたかな50音
  • 漢数字
  • 「みんなの日本語」初級1課から50課の新出単語

アプリ自体は無償で利用

インストール要件:

  • Windows XP, Windows Vista, Windows 7
  • 常時インターネットに接続されていること

注意事項

Windows XPの場合

Microsoft Office などの音声認識アプリが追加的にインストールされていないと音声認識は利用できません。

Windows 7 UltimateまたはEnterprise の外国語版の場合

日本語の言語バック(Language Pack)をインストールする必要があります。インストールは Windows UpdateからまたはMicrosoftのホームページの案内を参考にしてください。

Windows 7 Ultimate 以外の外国語版の場合

日本語の音声認識のために日本語言語パックが必要ですが、マイクロソフトは公式にはインストールできないことになっています。ただし、あるソフトウェアを使ってインストールする方法がこちらで紹介されていますので参考にしてください。

実行方法

こちらのリンクを開いて「Install」ボタンを押してください。自動的にインストールが開始されます。なお、プログラムのインストールに当たってセキュリティの警告が出る場合がありますが、当方を信用していただいてインストールを許可してください。

 

日本語フラッシュカードインストールと実行

 

使い方

カードセットの選択

左上のリストボックスから練習する項目を選択します。

発声します

音声認識が正しく動作していればマイクに向かって発声します。なお、音声認識の精度はそれほど高くありません。必ずしも正確な発音でなくてもとおってしまうことがあります。発生が正しい場合は次のカードへ進みます。

お手本の発音と先生モード

スピーカーのアイコンをクリックするとお手本の発音が聞けます。TeacherModeのチェックを入れるとカードが表示される初めにお手本の発音が自動的に鳴ります。

※音声合成はGoogleのSpeechAPIを利用して1語ずつインターネットからダウンロードされます。音声は不自然に聞こえることがあります。

 

ご意見ご提案を募集します

このソフトはまだ試作段階のものです。より利用価値のあるものに高めるためにみなさんのご意見ご要望、アドバイスなどをぜひお寄せください。今後の改良の参考にさせていただきます。

 

最後に

「みんなの日本語」の単語リストの作成には「日本語教師の教案」http://kyoan.u-biq.org/ を参考にさせていただきました。

Loading